舌ビラメのヴィチェンツァ風

先日NHKで放送していた「夢の3シェフ競演」をビデオを撮っておいたので
みると、寒魚特集でした。


プロの技はいろいろなアイディアがいっぱいだわ(^O^)
勉強になります。

鱈を牛乳で煮込む発想は全くなかったです。
イタリア北部の家庭料理だとか。。。


では、今晩は鱈でも~ と買い物に行くと
舌ビラメが1匹25cm位がタイムサービスで180円
しかも、内臓も皮も取ってあり下処理してあります。

これは買いです

何にしようと思案。

鱈じゃなくて、舌ビラメを牛乳で煮てみよう!

挑戦しました。
イタリアンなのにニンニクが入りません。
って、イタリア=ニンニクって固定観念でした(汗





結論

水分が多かった(>_<)
水っぽくなり、ミルク臭くなってしまいました(泣

舌ビラメは厚みが薄い分、鱈の半分量でいいのかも。。

骨はそんなに気になりませんでした。
お箸で食べたからかしら。。。

番組で落合シェフは牛乳出なくてもトマトソースでもいいですよ~
とおっしゃってました。



リベンジしなくちゃならないメニューになりました。。。
スポンサーサイト



平目のアクアパッツァ


実は、明日。
先日のイシダイ魚リベンジ計画をしてました。

テンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
予約は今週初めに指でOK

船長も
がんばろう手(グー)
って、言ってくれて、燃え燃えexclamation ×2でした。

が、
なによ~~~ふらふらふらふらこの天気図。
西高東低のチョー冬型。

今日はこのあたりの遊漁船も定置網の漁も時化のため出船しませんでした。

そんな情報が飛び込んできて、
明日が心配あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

どうなのよ、危ないよ危険・警告
キャンセルの携帯電話しろよ~~
こんな日に出てくと、船酔だけで帰ってくるようだゾ~~~

と、根性無しが我が家にもいて、

うるさいパンチ

と、一蹴。

明日、とにかく、行ってみる車(セダン)ダッシュ(走り出す様)

と、言ったものの、心は不安もうやだ~(悲しい顔)げっそり

すると、
船長から携帯電話

今、ビュービューの西風だから、明日は中止にします。

一安心ハート

と、思いながらも

リベンジに燃える心がバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

船長
今日も時化で出なかったよ~~
明後日は出ると思うんだけどね。
明日は、スミマセンあせあせ(飛び散る汗) 

船長、謝らないでください手(パー)
お天気はしょうがないです涙

というわけで、
計画し直しです。


魚船台風禁止涙魚船台風禁止涙魚船台風禁止涙魚船台風禁止涙


平目のアクアパッツァですレストラン

平目といっても、フライパンに入るくらいの大きさ。
ソゲです。

ソゲだから、煮付けとかかな~
って思ってると、
けっこう、肉厚で

刺身にすればよかったじゃんぷっくっくな顔

と、苦情も受けながら、アクアパッツァにしました手(チョキ)

アクアパッツァ
日記に何度か登場してますが、ソゲは初めてかも~~

真っ黒い魚なので、地味なんですが、
味は折り紙ツキうまい!

アクアパッツァ
ご存知の方も多いと思いますが、、、

南イタリア料理で、
広尾だったかな???「アクアパッツァ」というイタリアンレストランの
日高良実シェフが日本に初めて紹介しました。
と、本人がおっしゃってましたわーい(嬉しい顔)

フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて、温め
香りが出たら、水気をとり塩コショウした魚を入れます。

軽く、表面が焼けたら、
アサリを一つかみと、
水を入れて、じゅわ~~ダッシュ(走り出す様)ダッシュ(走り出す様)っとさせ、フタをして蒸し焼きにします。

熱いフライパンに冷たい水が入ると、水が暴れてるように見えるから
『アクアパッツァ』
イタリア語で アクア=水 パッツァ=暴れる だそうです。

そのほか、本場はドライトマトやケイパーなどを入れるようですが、
今日は、プチトマトとレモンの皮を入れてみました。

アサリが開いたころ、ソゲの火加減もちょうどいい~~~

お皿にとり、
残ったスープで、サッとホウレンソウを炒め煮にして、彩りを添えました。

お出汁も残さずねウインク

丸ごと1匹は豪華に見えますねぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ソゲの尻尾。
折れてるのは、フライパンからはみ出てた部分でしたあっかんべー


イシダイが変身!ガンゾウビラメ1匹


富士山富士山のきれいに見える日は釣れない~~

写真


カメラに納めてるときは、全く忘れてたジンクスです。


イシダイ釣りに挑戦ですexclamation

北風が強く、潮は澄み切ってるOK
わいわい、がやがや楽しい船出でしたわーい(嬉しい顔)

写真写真


釣りの写真はこれでおしまい。

だって、つれないんだも~~~ん泣き顔泣き顔泣き顔泣き顔泣き顔

前日、船中50枚exclamation ×2exclamation ×2

ココロ躍らせながら、出陣したはずなのに、
魚には全くフラレちゃいました…

なにやら。。。。
水温が1日で2度も上がってしまったとか。。。
魚のやる気が無くなっちゃてるよ~~って船長。

船長もあまりにも渋いので
最後はお土産めあてでイナダに切り替えましたが
ショウサイ2匹でした。

で。
持ち帰りのクーラーは。
写真

最初のころ釣ったガンゾウビラメ1匹です。
こんな事だったら、逃がしてあげればよかった魚
このためにクーラーを洗わなくっちゃあせあせ(飛び散る汗)げっそり
貴重な1匹、大事にいただきますうまい!魚

ソゲを食べつくした~




今日は朝市の日でした。

最近めっきり寒くなり、
朝起きるのが、つ・ら・いげっそり

でも、今日の寒さはそれほどでもなく。。。。

4時半に起きて港へ。


ここ最近、不漁のようです。
びっくりするほど、魚が網に入ってませんでした。

寂しい朝市になっちゃって。。。。

それでもお客様は来ていただいて。

今日のお勧めは、小イカと小アジとビリサバでした。

ビリサバ
サバの小さいサイズのものをこっちの漁師さんたちはそう呼びます。
買い物袋満載、だいたい50匹で100円でしたexclamation太っ腹

みなさんに食べ方を聞かれます。
50匹も食べられないよ~~って。
そりゃそうだよね~

残ってもしょうがないから、漁師さんも売るのに必死あせあせ(飛び散る汗)

農業は、種まきから収穫まで有る程度計画を立てることができますが
漁業の定置網は、潮の流れ任せ。
稚魚放流もしてますが、イマイチ。

漁師さんたち、ぼやいてました。


自然任せで、これこそスローライフって感じです魚


魚魚魚魚魚魚魚魚魚


「ソゲ」とは、お子ちゃまヒラメのこと。
刺し網漁をしてる漁師さんから、
おかずに~ と、500gくらいの差し入れをいただきましたわーい(嬉しい顔)

さっそく、お刺身に~

写真は表側(黒いほう)の背側の身です。
縁側は腹側のもの。
ワサビの脇は肝

ヒラメは小さくても、エライexclamation ×2

ウマウマウマウマです指でOK

水温が下がってきたから、旨味が増してきたのかなぁ~寒ヒラメ

野締めだったせいかいい熟成具合でした指でOK



両サイドのヒレと、皮は唐揚げに~~
これが、パリパリ香ばしくってうまい!うまい!

レモンの脇に有るのは胃袋。
これも今回は揚げてみました。

カリカリなので、胃袋のコリコリ感は全くなかった冷や汗

珍味ですね~目がハート



残り、背骨と頭はアラ汁に。
大根とワカメを入れました。

頭は煮過ぎかな冷や汗
崩れちゃいましたが。。。。。

顔の周りのお肉は身と違った食感でまたまた楽しめました~



海からの贈り物プレゼント
大事に頂きたいなぁ~~
と感じた一日でした。

ヒラメ刺とキャベツの浅漬け




ヒラメ刺です。
5日寝かせです。
活け締めしてチルド熟成だったためか、まだまだポンズでもいただけました。
今日は、このヒラメもそうですが、
添えてある『アイスプラント』に注目目

葉っぱに水滴のように見えますが、水滴じゃない~~~
これは塩分がはいった細胞なんですって~~exclamation ×2

なので、食べるとしょっぱいんです~~~

ヨーロッパから渡ってきた野菜で、塩分が高い土地でも栽培できるらしいです。

アイスプラントのほか、
佐賀県産のものは『パラフ』『クリスタルリーフ』
静岡県産のものは『ソルティーナ』という登録商標で売り出されてるらしいです。

ちなみに、今回使ったのは茨城県産です。

注目する野菜ですね~~~~

ヒラメ刺にあわせて、面白かったです~~~
お刺身がサラダに変わった感じでした。



それと、春キャベツとピーマンの浅漬けです。
以前TVでグッチ裕三さんが紹介してたまねまね浅漬けです。

キャベツはザク切りして塩を強めにします。
軽く混ぜて、しばらく置いて、重石無しです。
しんなりしたら、水で塩を軽く洗い流して、細切りピーマンを混ぜて出来上がり~~

サラダ感覚です手(チョキ)

それと、カブの塩昆布和え。
昆布の色が落ちて黒くなってしまいましたあせあせあせあせ(飛び散る汗)

野菜も摂らなくっちゃね~~~りんご
次のページ
プロフィール

うおか

Author:うおか
お魚中心の食生活をしています。
お刺身が一番多いですが、お魚の可能性を探っていきたいです!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
未分類 (0)
アイナメ (2)
アカタチ (2)
アカムツ (11)
アジ類 (41)
アコウダイ (5)
アナゴ (7)
アマダイ (4)
アユ (2)
イカ類 (60)
イサキ (14)
イシダイ (6)
イシモチ (1)
イトヨリダイ (1)
イボダイ (1)
イワシ類 (20)
イワナ (1)
ウナギ (2)
ウニ (2)
ウマヅラ (1)
エソ (1)
エゾアイナメ (4)
エビ類 (20)
オキアジ (1)
オキトラギズ (1)
オニカサゴ (7)
貝類 (41)
海藻 (2)
カサゴ類 (3)
カジキ類 (1)
カスベ (2)
カツオ類 (30)
カナガシラ (1)
カニ類 (3)
カマス (13)
カメノテ (2)
カレイ類 (12)
カワハギ (44)
カンパチ・ショゴ (0)
キス (63)
キチジ (1)
キビナゴ (2)
キンメダイ (15)
クエ (1)
クジラ・イルカ (2)
クロシビカマス (1)
クロダイ (2)
クロムツ (10)
ケムシカジカ (2)
コショウダイ (1)
コチ (4)
コハダ・コノシロ・シンコ (4)
サケ・マス類 (11)
サバ (22)
サメ (1)
サヨリ (4)
サワラ・サゴシ (4)
サンマ (14)
シイラ (2)
シシャモ (1)
シラス類・チリメン (6)
スズキ・フッコ (4)
ソイ (2)
タイ類 (31)
タカノハダイ (1)
タカベ (2)
タコ類 (7)
タチウオ (7)
タラ類 (9)
トビウオ (4)
トラギス (1)
ナマコ (1)
ニシン (4)
ハゼ (1)
ハタ (1)
ハタハタ (3)
ハチビキ (1)
ハモ (3)
ヒラマサ (7)
ヒラメ類 (14)
フグ類 (2)
ブリ・イナダ・ワカシ (25)
ホウボウ (4)
ホヤ (3)
ボラ (2)
マグロ類 (16)
マトウダイ (1)
ムツ (2)
メゴチ (1)
メジナ (5)
メダイ (2)
メバル類 (2)
白子類 (3)
魚卵類 (3)
スリミ (5)
おせち (5)
加工品 (13)
お菓子 (1)
その他 (6)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR